人気ブログランキング |

バラが満開だったプーピン離宮

1月23日

ドイステープのつぎに向かったのはプーピン離宮
ここは・・・・
タイ北部の都市チェンマイの西郊にある宮殿。ワットプラタートドイステープがあるステープ山の山腹に位置する。1962年、現国王プミポン(ラーマ9世)の生母、故シーナカリン王太后が避暑のための離宮として建造。

a0199979_1923067.jpg


プーピン離宮は海外の観光客より国内の人の方が多かったみたいに思います。
中に入って一番最初に目に入ったのは・・・「サクラ」
a0199979_19285228.jpg


a0199979_19293297.jpg

広大な敷地の中で今の時期はバラが満開でした。
a0199979_1930040.jpg


a0199979_19302459.jpg

1つの花が手のひらサイズより大きくてビックリ!

a0199979_19312558.jpg


a0199979_19315279.jpg


さすがに王室の離宮だけあって綺麗に整備されています。

a0199979_19333396.jpg


次は最後の目的地「ドイプイ」に向かいます。
Commented by LUCKY BELL at 2015-01-30 01:58 x
そうそう、シーナカリン王太后は北タイが好きだったみたいで、北タイによく来られてたみたいですね。
現国王の次女のシリントン王女はイサーンの北に離宮があるんですよね。
こちらもなかなか広大なんですよね。
Commented by jijibaba0309 at 2015-01-30 21:20
★LUCKYBELLさん

こんばんは。

そうなんですか?
今でも王室関係の人がチェンマイに来られた時にはこの離宮を利用していると聞いてます。
王室関係の方々はあいろんな所に離宮をもっていらっしゃるんですね。
by jijibaba0309 | 2015-01-28 19:35 | チェンマイ旅行 | Comments(2)

日々の暮らしを綴ります。


by jijibaba0309